忠和で地鶏と芋焼酎 「土の力」

  • 2014/05/25(日) 00:44:09

自宅から近からず遠からず・・・でもちょっと気になるお店。
そういうところって近所にもありません?

行って「正解」だった時はかなり嬉しいですよね。
「残念」だった場合は自分に対する怒りで震えますけど。

でも、正解時のあの美酒はそれを補って余りあるんです。
あの「我はコロンブスなり!」みたいな達成感と優越感。

その博打的な開拓が郊外店の魅力でしょうか。
実際はそんなに開拓してないけど・・・
やっぱりちょっと怖いし・・・







郊外店に限った話ではないけど、
やっぱりお店には特徴とか名物が必要だと思うんだよなぁ。
一番難しいのは、特徴があるのに情報が出ないお店なんだよなぁ。
なんだか裸の大将みたいな話し方になっちゃったんだよなぁ。











土の力には「旨い地鶏と本場薩摩の芋焼酎」っていう
しっかりとしたコンセプトがあります。
こういうのは、わかりやすくて良いですね。







黒じょかで飲む芋焼酎は相当美味しかったよ。
普通にお湯割りで飲むより、凄くまろやかな感じ。
こういう呑み方は初めての経験だな~。







本日のおすすめ品って言葉にはめっぽう弱い。
こちらは「あん肝ポン酢」
そして「馬刺し」







最近、サンロクにある馬肉専門の料理屋「ダイニング さまざくら」が超気になってます。
旨い地鶏の店に来て、馬の事を考えるなんて実に不謹慎な男だ。

不謹慎ついでに報告してしまおう。
イモ男爵がついにサツマイモに寝返りました。







軽く振った塩がサツマイモの甘さを引き立ていて
サクッとした食感とフワッと広がる甘味がたまらんのです。
じゃがいも系統の皆さま、本当に申し訳ない。今夜だけです。
心はいつもじゃがいもと共にあります。


そして「旨い地鶏」の登場です。
たしか、中札内の鶏肉だったような・・・。

あくまで個人的な感想だけど、
北海道の地鶏はいくぶんパンチが足りないよう気がしてならない。
地鶏と言えば、黄色みがかった感じであるとか、肉の味が濃厚とか、
弾力が凄い・・・みたいなイメージなんだよなぁ。

道産地鶏はそういうコンセプトでもなければ、品種でもないんでしょうね。
どっちかと言うと、卵メインの養鶏場が多いのかな。
・・・知らんけど。







見た目の良さっていうのは重要ですね。
味もまぁまぁ美味しいよ。
たまには足を伸ばして土の力も良いかもね。
ごちそうさま!
http://www.e-hokkai.net/chikara/

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する