居酒屋 志ば田  宴会でした

  • 2014/07/18(金) 00:27:58

「今夜は志ば田だぜ~!!」
「美味いもんがオイラを待ってるぜ~!!」


昔なら・・・それこそ20代とかなら
こんな感じで喜んでいたと思う。

5~6人の宴会なら全然構わないんだけど、
今夜は30人以上いる上に、VIP対応だ。
残念、無念。
こんなの宴会でも何でもない。ただの拷問だよ。



とはいえ、街には余裕を持って20分前には着いた。
だけど、これでも遅かったようだ。

近くのローソンでウコンを優雅に飲んでいると
店の軒先に上司が立っているのが見える。







あれれ?
今日はVIP対応だから緊張してるのか?(笑)

ふふっ こうなったら・・・


もう少し遅れてやろう


こっちは貴重なサタデーナイトを
フィーバーしないで、
カンパニーの為にカミングしたんだ。



少し時間が経ってから店に向かうと
突然、上司にカメラを向けられた。
慌てて街路樹に隠れる私。

「ちょっ!いきなり何?」

この上司というのが、カメラが趣味なのだ。
デジタル一眼レフっていうやつだ。

「一体なんの記念すか・・・」

とりあえず、苦笑いの横顔だけは撮らせてあげたが
まぁ不快だよね(笑)







お通しは海老の上にウニが乗っかっているヤツ。

完全に海&海だ。
海物語だ。
見た目は豪華だけど、味は普通かな。







一通り、料理の写真は撮ったけど・・・
やっぱりコース料理は・・・
全然書くテンションにはならない。
その料理に自分の意思がないもの。



やっぱり居酒屋の醍醐味と言えば
ある意味、それは店との真剣勝負。


例えば・・・
ポテトフライを頼むとしよう。(例がしょぼいが・・・)


すると僕はこう思う訳だ。
「このお店はどんなポテトを出してくるんだ?」
「悪いが私はイモ男爵。イモを軽視する店は辛抱たまらんよ」


そして、店からの答え。
ポテトフライが運ばれてくる。


「なんとインカの目覚めに、ホイップバター!」
「かっ・・・ 完敗だ・・・。」


と、なるわけ。
そういうやりとりとか、気持ちのところが
ブログを書く上で非常に重要なんですよね。僕の場合。







というワケで、
このエビフライをいまさら語っても
やっぱり嘘くさくなっちゃうので・・・

今夜は閉店ガラガラ・・・
おやすみなさ~い(´ε` )

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する