やきとりイズム 記憶にナイツ

  • 2015/03/21(土) 13:15:00


僕の十数年来の知り合いが、少し前に起業しましてね。

もう何年も会ってなかったのですが、そんな彼から突然のお誘いでした。


少し遅い時間でしたが、今までロクに出世祝いもしてなかったので

お誘いを受け、サンロクに出向くことにしました。







久しぶりに会う彼は、おしゃれなコートに

伊達メガネ。



本人曰く、社長になったので真面目に見せるためらしい。

学生時代に勉学に励まなかったかどうかは知らないが、

彼の視力は両眼2.0!



絶対に笑ってはいけないサンロクnight

スタートです。



昔から、少し変な人だった。

決して悪い人ではないし、常識も持ち合わせているんだけど、

やっぱり今夜も少しヘン(笑)

年上なので、イジることも出来ません。







おっと!

焼き鳥イズムの話がまだでしたね。


実は彼と飲んで、このお店はもう3軒目なんです。

22時に待ち合わせし、女の子のいるお店、行きつけのバー、そしてここ!

もう・・・2時近いです。







彼が食べたいって言うから入ったのに、

入店後、数分で・・・

首カックン


僕も大した記憶ないけど、ほとんど手をつけてないです。







あぁ~絶対うまかったんだろうな。

このヴィジュアルだもね(´∀`)


そんな、彼にまつわる面白エピソード(伝説?)はたくさんあるので、

今日はその内の一つを紹介しようと思います。





事件ファイル #022 「差し歯」


①彼は前歯のちょうど良いところ(前面)に差し歯があった。

②ある日差し歯が取れたのだけど、歯医者に行かずアロンアルファで固定していた。

③それは止めたほうがいいですよと忠告した。

④彼は聞く耳を持たなかった。

⑤トイレでクシャミをした際、差し歯が口から豪快に射出された。

⑥トイレから悲鳴が聞こえた。

⑥そのトイレはボットン便所だった。

⑦悲しそうなレレレのおじさんがトイレから出てきた。



ごちそうさま~

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する