現実逃避 プーケットへ行くの巻

  • 2016/05/09(月) 23:11:31










突然ですけど・・・

ちょっとだけ日記を書かせてください。



そして、宣言します!!

この日記、オモシロくないよ(*'▽')

だから、5泊6日の旅も2話くらいで完結させるつもり。



P4300007.jpg



ね?

オモシロくなさそうな画でしょ?


全然ブログ更新しないと思ったら、

海外行ってたのかよ!!

・・・そんな声がここまで聞こえるようです。



P4300018.jpg



実はこの飛行機の写真を撮った時、

僕はとても安堵していたのです。


4月30日 朝6時出発


高速に乗る前にセブンイレブンでカフェラテを買ったものの、

コーヒー抽出中にミルクがなくなり、そのミルクの交換に何故か10分も掛かり、

10分後にミルクが出たならまだしも、ミルクどころか今度はコーヒーも出なくなり、

居てもたってもいられず、コーヒーを諦めてお金を返してもらい、

鷹栖インターにたどり着いたら、バカみたいに雪が降ってきて、

夏タイヤだから気が気じゃないと思っていたら、今度は車がガタガタ震え出し

砂川S.Aでタイヤを確認するも原因がわからず、泣きそうになって

千歳にたどり着けないかもと思ったら、もっと泣きそうになって、

朝一にセブンのコーヒー飲めなかったから、のどもカラカラで・・・


普段しないことをしようとすると、

本当にトラブルに見舞われるようです。

ともあれ、無事に新千歳空港に到着しました。



P4300021.jpg



タイ国際航空と全日空の共同運航便らしく、

機内食前の軽食は日本のお菓子とタイビールのコラボ!


シンハー美味い!

機内食はふつう!



P4300029.jpg



今回の行先はプーケット島

プーケットにした理由ですが、


タイ料理

バイクレンタル

最高のビーチ


以上の3点です。

ずっと前から行きたいと思っていたので、やっと夢が叶いました!



P4300039.jpg



日本からの直行便はないので、バンコクで国内線に乗り換え

プーケットに到着です!


所要時間は約7時間。時差は-2時間。

言うまでもなく、暑いです。



P4300040.jpg



タイの通貨である、タイバーツ。

100バーツは約300円くらい。


物価は日本よりは随分安いですが、

映画の影響もあって、世界的に有名になったプーケットはやはり観光地価格。


地元のスーパーで350mlの缶ビールを買えば60円くらいですが、

観光客向けのレストランに行くと200円はします。


それでも日本の3分の1くらいかな?

体感的にはそんな感じの物価でした。



P4300041.jpg



空港からホテルがあるカタビーチまでは

約1時間・・・


旅行会社のガイドさんが迎えに来てくれて

ホテルまで送ってくれます。



P4300043.jpg



ベトナムはクラクションの応酬だったけど、

タイは凄く静かです。

これは意外でしたね。

だけど、ガイドのマシンガントークが半端なくてちょっと疲れるという・・・(笑)



P4300045.jpg



朝6時に家を出て、チェックインしたのは現地時間で夜8時(実際は夜10時)

予約の際にオーシャンビューの部屋を希望したけど、

残念ながらランクアップの部屋もすべて満室とのことで、

どこかわからない部屋に通されます。



P4300049.jpg



真っ暗でなんも見えない。

とりあえず、景色は朝までお預けだ。



P4300053.jpg



まずは祝杯!!

ホテルの前をほっつき歩いて、

良さげなレストランに入りました。



P4300056.jpg



この雰囲気!!

「南国に来た」という実感が一気に湧く瞬間です。



P4300057.jpg



そこまで期待してなかったのに、

どれも美味いんだ。



P4300059.jpg



空芯菜だと思って頼んだら、

食べたことがない緑の野菜。



P5010060.jpg



ヤムウンセン


これだけは覚えてる。

辛くて、酸味があって、まさにタイって感じだね!


いやぁ、美味かった。

ごちそうさまでした! コップンカ~!






次回 タイでツーリングの巻!!

そして、たぶん最終回です(^^;


なんだよ!!もっと書けよ!!という、タイが好きな方がいらっしゃいましたら、

下の旭川情報をポチってください。意思表示として!


いつものポイントの感じであれば・・・

察します(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する